日々常々

ふつうのプログラマがあたりまえにしたいこと。

ポインティングディバイス

Microsoft IntelliMouse Explorer
今まで買った中では一番のハズレでした。スクロールホイールが軽いのはあまり好きじゃないと言うのもありますが、軽い以上になんかもっさり。カチカチと音が鳴るのも好きじゃないですが、反動は欲しい派です。それ以上に、どうにも不具合が多い製品であるらしいです。私の場合、シングルクリックのはずがダブルクリックになったりと、クリック関連で動作がなんか変でした。最初のうちはクリックする指が震えてるからかと思っていました。FPS系のゲームをしているときに良く起こっていて、通常使用ではあまり起こらなかったので。他のマウスを使ってるとそういうことは起こらなくて、クリックの感度良すぎるのかなと調節してみたりしましたがやっぱり駄目。結局お蔵入りとなって、忘れたころに不具合があるとの情報を手にしました。マイクロソフトも問題は認識しているらしく、サポートに連絡すれば簡単に交換してもらえるみたいですが、面倒なのでそのまま放置しています。

TrackMan® Wheel
持ってる中では唯一のトラックボール。親指でボールを操作するため、手首を動かす必要が無く、狭いスペースでも問題なく使えます。ただ、動かさないのも一長一短で、私の手のひらの温度が高いからか熱がこもって稀によく不快になります。ボールだからホコリが詰まったりして動きが鈍くなることもありますが、掃除はちょっと面倒です。長時間使用すると親指の付け根が腱鞘炎気味になるので注意が要るかもしれません。使い始めは戸惑いましたが、意外とすんなり慣れました。いまだにドラッグ&ドロップの際には、親指やら人差し指やらの動きがこんがらがって、予期せぬ場所で離してしまったりしますが。クリック時とかにボールから指を物理的に離しているため、ポインタがぶれないのは利点です。日々の操作のマンネリ具合を多少改善出来るかもしれません。

MX™400 Performance Laser Mouse
自宅で使っているLogicoolのマウス。スマートな外見と、手になじむ形状です。サイドボタンは2つあり、親指の腹が2つのちょうど真ん中に来ます。他の5ボタンマウス(たとえば上述のIntelliMouseExplorer)だと、サイドボタンを押すために親指の位置を変えたり、角度を変えたりと不自然な動作が要りますが、このマウスでは不要です。何のストレスもなく使えるマウスで、精度もいいらしい。このあたりはいまいち判らないのですが。入力機器に複雑な機能を求めるわけでもなく、ストレスなく使えるのが重要だと思っているので、個人的にこの製品は最高です。

コンピューター マウス、キーボード、Web カメラ & その他| Microsoft Hardware
買ってみよう。