読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々常々

ふつうのプログラマがあたりまえにしたいこと。

関西Javaエンジニアの会 '11 9月度で


Javaどころか開発とかプログラムとか全く関係ない話をしてきました。

勉強会に行こう。東京の。

興味深い2つのセッション間の休憩セッション、気分転換みたいなそんな感じ!*1

言いたい事は「行けば何とかなるよ!」です。本編ではここ数ヶ月のうちに関東で開催される、私が気になってる勉強会の紹介も入れてました。
言い忘れたんですが、夜行バスはシートの間隔も大事だってところ。足下が窮屈だとかなりストレスになりますので…この点は独立三列だと通路に放り出せるので無視出来たりもするんですけどね。
あと @cero_t さんに教えて頂きましたが、飛行機って1万円じゃ無理らしいです。早割とかその辺色々組み合わせたら下がるみたいですけど…でもやっぱ空港いって云々って面倒なんで、お金出せるなら新幹線が良いでしょうねー。本読んだりコード書いたり出来ますし。

Redmineペアプロ

前後のセッションはとても興味深かったです。どちらも実践投入して数年のお話で、実際やってるからこその貴重な話が聞けたと思います。これから取り組んで行く中で参考にしたい。特に「抵抗には理由がある」と「カオスにしない」は心に留めて置きたい言葉です。

今回は懇親会が白熱してました。時間的にも長かったですけど、話しもかなり突っ込んだ内容で。懇親会と言うか延長戦って感じでしたねー。
あ、そう言えば懇親会中にJavaニュースがありました。…Javaの話ってありましたっけ。

*1:今回は両セッションともにインパクトが強かったので、これくらい軽いネタでむしろ良かったのかなーとか思いました。